Works

Research Achievement

研究論文

菅沼勇作、松島稜飛、笹木正悟.小学生男子サッカー選手における片脚ドロップ着地テストの横断調査-足圧中心軌跡長および衝撃緩衝特性の学年間比較-日本アスレティックトレーニング学会誌 8(1):103-109,2022

Higashihara A, Mendiguchia J, Ono T, Nagano Y, Sasaki S, Mineta S, Hirose N. Neuromuscular responses of the hamstring and lumbopelvic muscles during unanticipated trunk perturbations. Journal of Sports Science. Online ahead of print, 2021.

Sasaki S, Nagano Y, Suganuma Y, Koyama T, Ichikawa H. Acceleration profile of high-impact movements during young football games: a cross-sectional study involving healthy children. Sports Biomechanics. Online ahead of print, 2021.

島田結依、永野康治、笹木正悟.足関節捻挫の既往を有するバスケットボール選手におけるTuck Jumpおよび試合時の体幹加速度の特性.日本アスレティックトレーニング学会誌 7(1):67-74,2021

泉秀幸、笹木正悟、細川由梨.「アスレティックトレーナー」と「トレーナー」は同じなのか?実態調査を用いた業務比較.日本アスレティックトレーニング学会誌7(1):127-134,2021.

永野康治、笹木正悟、須高理生、市川浩.女子サッカー選手における高衝撃特性について:体幹加速度を用いた試合・練習間およびリバウンドジャンプとの比較.臨床バイオメカニクス 42:185-190,2021.

Koyama T, Rikukawa A, Nagano Y, Sasaki S, Ichikawa H. High-acceleration movement, muscle damage, and perceived exertion in basketball game. International Sports Physiology and Performance, ahead of print, 2021.

Nagano Y, Sasaki S, Shimada Y, Koyama T, Ichikawa H. High-impact details of play and movements in female basketball game. Sports Medicine International Open, 5(1), E22-E27, 2021.

笹木正悟、永野康治、市川浩.ジュニア女子バドミントン選手の片脚着地特性と発育に伴う体格変化による影響-片脚ドロップ着地テストと試合中の体幹加速度に着目した短期縦断検討-.日本臨床スポーツ医学会誌 29(1):38-47,2021.

永野康治、笹木正悟、市川浩、湯田淳、吉田孝久、島田結依、佐々木直、柴田雅貴.高フィジカルパフォーマンス選手は競技中動作負荷も高いのか?-加速度計による体幹身体衝撃を指標として-.日本女子体育大学附属基礎体力研究所紀要 30:1-6,2020.

島田結依、笹木正悟.Tuck jump assessment と加速度センサを組み合わせた膝前十字靱帯損傷に対する予防トレーニングの効果検証.日本アスレティックトレーニング学会誌 6(1):49-57,2020.

笹木正悟、今村省一郎、菅沼勇作、永野康治.膝前十字靭帯再建術後の競技復帰に向けた片脚機能評価と主観的パフォーマンスの変化-Limb symmetry index に着目して- .日本アスレティックトレーニング学会誌 6(1):75-86,2020.

Nagano Y, Sasaki S, Kose Y, Ichikawa H. Detection of high-impact movements in a volleyball match: a cross-sectional study. Exercise Medicine, 4; 3, 2020.

泉秀幸、笹木正悟、細川由梨.我が国におけるフルタイムのアスレティックトレーナーとして活動する日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーの特徴 .日本アスレティックトレーニング学会誌 6(1):95-104,2020.

Koyama T, Rikukawa A, Nagano Y, Sasaki S, Ichikawa H, Hirose N. Acceleration profile of high-intensity movements in basketball game. Journal of Strength and Conditioning Research, Publish ahead of print, 2020.

Sasaki S, Nagano Y, Ichikawa H. Differences in high trunk acceleration during single-leg landing after an overhead stroke between junior and adolescent badminton athletes. Sports Biomechanics. Epub ahead of print, 2020.

笹木正悟、永野康治、市川浩.バスケットボール競技中における前十字靱帯損傷好発動作の抽出.日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会誌 45:655-659,2020.

笹木正悟、永野康治、市川浩.成長期女子バドミントン選手の体幹加速度の特徴-オーバーヘッドストローク後の片脚着地に着目して-.バイオメカニクス研究 23(2):70-81,2019.

Sasaki S, Nagano Y, Ichikawa H. Loading differences in single-leg landing in the forehand- and backhand-side courts after an overhead stroke in badminton: A novel tri-axial accelerometer research. Journal of Sports Sciences. 36(24): 2794-2801, 2018.

Nagano Y, Sasaki S, ichikawa H. Movements with greater trunk accelerations and their properties during badminton games. Sports Biomechanics. Epub ahead of print, 2018.

Sasaki S, Koga H, Krosshaug T, Kaneko S, Fukubayashi T. Kinematics analysis of pressing situation in female collegiate football games: New insight into ACL injury causation. Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports. 28(3): 1263-1271, 2018.

永野康治、嶋田祥磨、東原綾子、笹木正悟.大学男子バスケットボール選手における等速性股関節トルクおよび方向転換能力との関係について.トレーニング科学 29(1):65-70,2017.

笹木正悟、永野康治、福林徹.異なる片脚着地動作が体幹加速度と体幹角度、下肢角度に及ぼす影響について.日本臨床スポーツ医学会誌 25(2):239-247,2017.

Kaneko S, Sasaki S, Hirose N, Nagano Y, Fukubayashi T. Mechanism of anterior cruciate ligament injury in female soccer players. Asian Journal of Sports Medicine 8(1): e38205, 2017.

Nagano Y, Sasaki S, Kanazawa Y, Ishi H. Relationship between trunk acceleration and trunk strength during shuttle run cutting in female athletes. Journal of Exercise Science 26: 1-8, 2016.

Sasaki S, Nagano Y, Kaneko S, Horino H, Fukubayashi T. Anthropometric and physical fitness in Japanese prospective collegiate soccer player. Football Science 13: 44-51, 2016.

Sasaki S, Shimada Y, Nagano Y. Sex-based differences in trunk acceleration and landing posture during the drop vertical jump test. ISBS - Conference Proceedings Archive: 988-991, 2016.

Nagano Y, Sasaki S, Higashihara A, Ichikawa H. Relationship between trunk and knee acceleration and the ground reaction force during single limb landing. ISBS - Conference Proceedings Archive: 875-878, 2016.

永野康治、笹木正悟、市川浩.バドミントン競技中における体幹加速度変化について–競技中の外傷・障害危険動作抽出を目指したPilot study-.臨床バイオメカニクス 37:305-310,2016.

馬越博久、干場拓真、佐保泰明、笹木正悟、広瀬統一、福林徹.大学女子サッカー選手における膝前十字靱帯損傷危険度別にみた方向転換動作の特徴.日本臨床スポーツ医学会誌 24(3):396-406,2016.

Nagano Y, Sasaki S, Higashihara A, Ishii H. Gender differences of trunk accelerations during shuttle run cutting. International Biomechanics 3(1): 33-39, 2016.

Sasaki S, Koga H, Krosshaug T, Kaneko S, Fukubayashi T. Biomechanical analysis of defensive cutting actions during game situations: Six cases in collegiate soccer competitions. Journal of Human Kinetics 46: 9-18, 2015.

Sasaki S, Nagano Y, Kaneko S, Imamura S, Koabayshi T, Fukubayashi T. The relationships between the center of mass position and trunk, hip, and knee kinematics in the sagittal plane: Field-based video analysis for female soccer players. Journal of Human Kinetics 45: 71-80, 2015.

Uematsu D, Suzuki H, Sasaki S, Nagano Y, Shinozuka N, Sunagawa N, Fukubayashi T. Evidence of validity for the Japanese version of the foot and ankle ability measure. Journal of Athletic Training 50 (1): 65-70, 2015.

金子聡、笹木正悟、永野康治、小林拓馬、福林徹.ビデオ映像を用いたACL損傷リスクに関連した動作の評価方法についての検討,臨床バイオメカニクス 35:291-296,2014.

Sasaki S, Koga H, Krosshaug T, Sakurai T, Fukubayashi T. A biomechanical approach to evaluating field sports performance using a model-based image-matching technique: a case report of 4 defensive football game situations. Gazzetta Medica Italiana Archivio per le Scienze Mediche 172(10): 799-805, 2013.

Sasaki S, Nagano Y, Sakurai T, Fukubayashi T. The relationships between change of direction speed, sprint speed and jump ability in collegiate soccer players. Science and Football VII - The Proceedings of the Seventh World Congress on Science and Football: 317-322, 2013.

笹木正悟、泉秀幸、髙橋康輝、伊藤良彦、溝口秀雪、櫻井敬晋.フィットネスプロフィールからみた社会人アメリカンフットボール選手の現状と課題、東京有明医療大学雑誌 4:5-12,2013.

久米信好、髙橋康輝、櫻井敬晋、小山浩司、中澤正孝、笹木正悟、徳安秀正、久保慶東.足底アーチテーピングが足底圧ならびに足底軸に及ぼす影響,東京有明医療大学雑誌 4:1-4,2013.

Nagano Y, Sasaki S, Higashihara A. Gender difference of trunk and lower limb positions during the cutting maneuver. ISBS - Conference Proceedings Archive: P01-29 ID28 (ISSN 1999-4168), 2013.

Nagahama H, Kubo Y, Sasaki S. The effect of changes in rules and regulation on a sepaktakraw match performance. 13th Asian Federation of Sports Medicine Congress Proceedings: 69-72 (ISBN 978-88-7587-691-3), 2013.

泉秀幸、溝口秀雪、笹木正悟、中村好男.アスレティックトレーニング専門職教育制度の国際比較-日本におけるアスレティックトレーナー教育制度の発展に向けて-.スポーツ科学研究 9:366-378,2012.

笹木正悟、松田匠生、櫻井敬晋、福林徹.スポーツパフォーマンスと関連する動作におけるModel-based Image-matching Technique の信頼性、東京有明医療大学雑誌 3:1-8,2012.

櫻井敬晋、中澤正孝、久保慶東、笹木正悟、福林徹.三次元微細振動刺激を用いた浮腫軽減効果の検討-bioelectrical impedance analysisを用いた検証-.スポーツ科学研究 8:262-269,2011.

笹木正悟、金子聡、矢野玲、浅野翔太、永野康治、櫻井敬晋、福林徹.方向転換走と直線走および垂直跳びの関係-重回帰分析を用いた検討-.トレーニング科学 23(2):143-151,2011.

櫻井敬晋、笹木正悟、久保慶東、福林徹.前十字靭帯再建術後における拮抗筋電気刺激を用いたリハビリテーションの有効性.東京有明医療大学雑誌 2:7-12,2011.

Sasaki S, Nagano Y, Kaneko S, Sakurai T, Fukubayashi T. The relationship between performance and trunk movement during change of direction. Journal of Sports Science and Medicine 10 (1): 112-118, 2011.

笹木正悟、金子聡、福林徹.サッカー選手における後方への方向転換能力に関する研究.スポーツ科学研究 5:45-57,2008.

図書・総説・解説

笹木正悟.スポーツ外傷・障害の発生要因 (pp104-108),スポーツ外傷・障害予防プログラムの立案と介入 (pp109-114).公認アスレティックトレーナーテキスト[2022年カリキュラム対応]第2巻:安全:健康管理およびスポーツ外傷・障害の予防.文光堂,2022.

笹木正悟.リコンディショニングで用いる代表的手法-エクササイズ:動作 (pp109-116).公認アスレティックトレーナーテキスト[2022年カリキュラム対応]第4巻:リコンディショニング.文光堂,2022.

笹木正悟、永野康治.ACL再建術後の競技復帰と問題点-サッカー.臨床スポーツ医学 39(9):968-972,2022.

笹木正悟、古賀英之.映像情報を用いたスポーツ現場での動作解析.臨床スポーツ医学 39(7):694-699,2022

笹木正悟.スポーツ傷害予防のためのコンディショニング (pp 76-97).アスレティックトレーニング学.文光堂,2019.

笹木正悟、古賀英之.ACL損傷の危険場面と肢位、非受傷時のキネマティクス (pp 33-39).予防に導くスポーツ整形外科学.文光堂,2019.

笹木正悟.PART III 動作別筋力トレーニング ー素早いステップを踏む,素早く切り返すための筋力トレーニング (pp 425-440).イラスト図解 筋力トレーニング.文光堂,2019.

笹木正悟、永野康治.成長期アスリートにおける膝前十字靱帯損傷-予防に向けたアスレティックトレーニング-.日本アスレティックトレーニング学会誌 4(1):19-28,2018.

笹木正悟.アスリートの傷害予防に向けた考え方と取り組み.トレーニング科学 28(4):175-181,2017.

笹木正悟、福林徹.Football for Health-特集によせて-.フットボールの科学 12:1-2,2017.

Sasaki S, Kaneko S, Kobayashi T, Fukubayashi T. Risk factor analysis of female soccer tournament players. In: Kanosue K, Ogawa T, Fukano M, Fukubayashi T, eds. Sports injury and prevention. Japan: Springer Japan, 109-120, 2015.

笹木正悟、馬越博久、古賀英之、福林徹.サッカーにおけるACL損傷予防とその効果-現場でのスクリーニングの提案-.臨床スポーツ医学 31(11):1054-1060,2014.

笹木正悟、鳥海杏奈、高柳亜実、渡邉康平、中江梓、齋木拓、溝口秀雪、佐瀬由紀子、石山修盟、小山浩司、泉秀幸.バスケットボールサマーキャンプにおけるトレーナーサポート報告.東京有明医療大学雑誌 5:29-35,2014.

笹木正悟、福林徹.スポーツ現場のビデオ映像を用いた分析と評価.バイオメカニクス研究 17(2):74-78,2013.

溝口秀雪、泉秀幸、小山浩司、笹木正悟.日本におけるトレーナーの変遷.東京有明医療大学雑誌 2:37-44,2011.

溝口秀雪(編集)、泉秀幸、笹木正悟(共著).基礎から学ぶ!スポーツマッサージ.ベースボールマガジン社,2010.

笹木正悟(翻訳)、 福林徹(監訳)、Choses M、Abdalla RJ(著).サッカー選手における恥骨炎へのアプローチ (原題:Approach To Osteitis Pubic in Soccer Player).臨床スポーツ医学 23(7): 811-815,2006.

競争的外部資金

笹木正悟(分担者.マルチスポーツ活動によるスポーツ障害予防効果および身体機能変化の検証(代表者:永野康治).科学研究費補助金 基盤研究 (C).(2022年-2024年)check !

笹木正悟(代表者).スポーツ活動中の衝撃負荷から児童期の傷害発生機序を探る .科学研究費補助金 基盤研究 (C).(2020年-2022年)check !

笹木正悟(代表者).ジュニア期のスポーツ活動中に生じる膝前十字靱帯損傷の危険動作の縦断的検討.科学研究費補助金 若手研究 (B).(2017年-2019年)check !

笹木正悟(代表者).育成年代のスポーツ活動中に生じるACL損傷危険動作の変化を探る-加速度センサーと運動解析を組み合わせた評価-.2016年度日本バイオメカニクス学会研究助成事業.(2016年)

笹木正悟(代表者).現場で生じたスポーツ動作に対する新たな試み:ビデオ映像を用いた他覚的運動解析.科学研究費補助金 若手研究 (B).(2012年-2015年)check !

競争的内部資金(学内研究費)

笹木正悟(代表者).インターネットリサーチを用いた成長関連障害の危険因子に関する調査中学生サッカー選手を対象として.東京有明医療大学特別研究費(2022年度)

笹木正悟(代表者).インターネットリサーチを用いた本邦小学生サッカー選手の膝痛および踵痛の発生状況調査.東京有明医療大学特別研究費(2021年度)

笹木正悟(代表者).本邦小学生サッカー選手に対する「FIFA 11 + for Kids program」の効果検証.東京有明医療大学特別研究費(2019年度)

笹木正悟(代表者).Tuck Jump Assessmentの臨床応用に向けた基礎研究-加速度センサ閾値から過負荷動作を抽出する .東京有明医療大学特別研究費(2016年度)

笹木正悟(代表者).バドミントンの試合におけるACL危険動作のスクリーニング .東京有明医療大学特別研究費(2015年度)

笹木正悟(代表者).スポーツ現場で生じる危険動作抽出への挑戦-ビデオ映像と加速度計を駆使した定量的スクリーニング.東京有明医療大学特別研究費 (2014年度)

笹木正悟(代表者).現場で生じたスポーツ動作に対する新たな試み:ビデオ映像を用いた他覚的運動解析 .東京有明医療大学特別研究費(2012年度)

笹木正悟(代表者).試合からのビデオ映像からリアリティの高い動作を解析する-競技パフォーマンスの観点から- .東京有明医療大学特別研究費(2010年度)